NEWS
 

2021年12月01日  LinkIcon配役発表/LinkIcon物販情報公開

2021年11月29日  LinkIconストーリー追加

2021年11月11日  LinkIconキャスト発表

2021年09月13日  サイト公開

GOODS

公演パンフレット
(A4/24P ・オールカラー)
¥2,000(税込)

キャラクター写真セット
※各キャスト毎
(はがきサイズ/4枚1組/数種類) 
¥1,000(税込)

公演台本(数量限定)
『昭和の恋人たち』
¥3,000(税込)

衣装ランダムチェキ
(キャストは指名頂けます)
舞台衣装を着て撮影
¥2,000(税込)

キャラクター写真セットサンプル
※当日の物販の掲載紙の写真撮影はお断りしてます。あらかじめご了承ください。

STORY

 
プロローグ『昭和とは』
全員 群唱
 

その一「淡雪のように」
昭和元年、雪深い寒村に生まれた村岡かの子は、学校にも行けず奉公に出され、
11才の時ほのかに憧れた奉公先の青年から純白の絹のマフラーを貰います。
青年は翌年の2月政府に反乱を犯し帰らぬ人となります。
かの子はマフラーを箪笥の奥にしまい、勉強することを誓います。
 
かの子 内川美幸
正一 富山雅
母親 灰﨑琳子
詠人 高田名奈

 

そのニ「緑色の風」  
昭和20年3月、叔父のアトリエを訪ねた少女は、スケッチブックを抱えた青年とぶつかってしまいます。
その青年は叔父の弟子でまだ学生でした。
彼女は翌日野球をやるという青年に誘われて多摩川の土手に足を運びます。
屈託なく笑いあう青年たち、実は学徒動員で戦地に赴く直前だったのです。 
 
稲盛優子 安田聖愛
高倉哲郎 内川美幸
詠人 葵咲 吉田圭

 

その三「茜色の雲に乗って」
昭和の片田舎──「ぼく」は子供時代を過ごした田舎と、類子との思い出を回想する。
野山を駆け回り、田畑を走ったあの日々。ある日のすれ違いと、痛みの記憶──
 
詠人 伊藤日菜
類子 來栖令奈

 

その四「ウインターグレー〜冬の感傷〜」
お茶の水の喫茶店でアルバイトをする2人の少女、奥手の小春が恋したのは、灰色のマフラーを巻いてコーヒーを飲みながら読書する物静かな先生風の中年男、ビートルズに夢中な沙織はそんな小春をからかう。
高度成長期に向かう時代の新しいいぶきの中で少女たちも成長する。
 
三里小春 灰﨑琳子
山口沙織 富山雅
詠人 葵咲・吉田圭

 

その五「江古田スケッチ」
昭和46年 歌:学生街の喫茶店
東京江古田には駅を挟んで、武蔵野音大、日芸、武蔵大学と3つの大学がある。
卒業を控えた学生たちの悲喜交々を歌った江古田スケッチの主人公、広瀬夏子と親友佐野京子のエピソード、夏子が手編みのマフラーをあげた武蔵大学の彼がニューヨーク留学に旅立つ日、2人は駅前の喫茶店で手を取り合って泣いていた。
その訳は…
 
広瀬夏子 安田聖愛
佐野京子 伊藤日菜
詠人 來栖令奈

 

その六「千年の恋」
昭和という元号が終わる新春、高校3年生の美和は、入院している祖母かの子から、故郷の実家の箪笥に眠る白い絹のマフラーを持って来て欲しいとの伝言を母に告げられる。
たんまりのお小遣いをもらった美和は、まだ雪の残る寒村に旅立つ。
汽車とバスを乗り継いで向かう途中で、美和は村の出身だという大学生と運命の出会いをする。
青年は近くダムの水底に沈む村を写真に収めるのだという。
祖母の旧姓は泉、実家を継いでいる叔父夫婦から美和は祖母かの子の幼い頃を聞かされる。
巡り会った青年は、かの子が憧れマフラーをもらった反乱将校の弟の孫だった。
祖母の大切なマフラーは黄色く色褪せていた。
それでも、祖母には大切な宝物なのだ。
苦学して女性活動家として数々の女性の権利を勝ち取って来た祖母にマフラーを届けるために、美和は村を後にする。 
 
村岡美和 伊藤日菜
神林正太郎 安田聖愛
村岡美智子 吉田圭
叔母 高田名奈
詠人 内川美幸

 
エピローグ 愛しい人よ
全員 群唱

CAST  (50音順)

葵咲 ■Twitter■
 
伊藤日菜 ■Twitter■
 
内川美幸 ■Twitter■
 
來栖令奈 ■Twitter■
 
小山ひかる(12月4日(土)休演) ■Twitter■
 
高田名奈 ■Twitter■
 
富山雅 ■Twitter■
 
灰﨑琳子 ■Twitter■
 
真一涼(12月4日(土)のみ出演) ■Twitter■
 
安田聖愛 ■Twitter■
 
吉田圭 ■Twitter■

SCHEDULE

2021年12月2日(木)~5日(日) 全6公演
 
12/2(木)19時
12/3(金)19時
12/4(土)13時 / 17時
12/5(日)13時 / 17時
 
※12月4日(土)のみ小山ひかるに代わり、真一涼が出演いたします。
 
※開場は開演の30分前 ※100分を予定しております。
※開演時間に関しまして、今後の情勢や政府の要請により変更になる場合もございます。

MAP
 

LinkIcon高田馬場・ラビネスト
東京都新宿区西早稲田3-27-4 第一キャラット河俣B1F
 

TICKET

S席:6800円 ※最前2列、エリア指定席
A席:4800円 ※3列目以降、自由席
インターネットプレイガイド「カンフェティ」にて発売中
LinkIconhttps://www.confetti-web.com/detail.php?tid=63919&
(各回当日券あり)

STAFF  

作:朝倉薫
演出:麻草郁
音楽監督:神津裕之
美術:とれんでぃ
舞台監督:犬飼克彦
プロデュース :竹内緑朗
主催・製作:合同会社竹緑

<感染症対策について>

コロナ感染症対策ご協力のお願い
今公演のコロナ感染症対策についてお知らせさせていただきます。また、今後も情勢を鑑みて順次対応を変更させていただく場合もございますので、何卒ご理解ご協力いただければと思います。
※公式HPが最新情報となります。
 
《劇場での対策》
・整列入場・退場にご協力をお願いいたします。 
・ご来場・ご観劇の際はマスク必須とさせていただきます。
・本公演は一部指定席となります。舞台と客席の間は一定の間隔を取らせていただきますが、最前列のお客様はフェイスガードの着用をお願いいたします。フェイスガードは劇場でご用意していますが、ご自身でお持ち込みいただくことも可能です。
・劇場内の手すりやドアノブ、取っ手などお客様が触られる箇所は消毒液にて清掃をいたします。
・ご来場のお客様は入場時に検温、アルコール消毒にご協力をお願いいたします。検温時、平熱時より1°C以上もしくは37.5°C以上のお客様には観劇をご遠慮いただきます。予めご了承ください。
・ロビー/客席開場、および公演グッズの販売は、開演の30分前を予定しております。
密を避けるため、開場前の施設内待機はお断りさせて頂きます。お時間を調整して、ご来場頂けますようご協力をお願い致します。
・劇場、最寄駅付近における入り待ち、出待ち行為は他の施設および近隣住人の方へのご迷惑ともなります為、禁止とさせていただきます。入り待ち、出待ち行為等を発見した際は、スタッフがお声掛けをさせていただき、劇場入場禁止、迷惑行為を禁止させていただきます。
・待機列を含め密を避けるために、極力お手洗いは別のところでお済ませいただきご来場くださいませ。また開演直前は、お化粧室が大変込み合うことが予想されますので、お早めのご来場にご協力ください。
また、終演後は消毒・清掃のため、お化粧室の利用時間を制限させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
・カンパニースタッフ及び劇場従業員もマスクを着用いたします。フェイスガードも使用する可能性がございます。
・終演後の面会はご遠慮させていただきます。
・お祝い花に関しましては劇場スペースを確保し密を避けるためにご遠慮いただきます。
・キャストへのお手紙やプレゼントにつきましては、感染症対策の面からもご遠慮させていただきます。 
 
《ご来場に際してのお願い》
下記のお客様はご来場をお控えくださいませ。
 
・平熱時より1°C以上もしくは37.5度以上の発熱、咳など風邪の症状があるお客様(ご来場前、ご自身で検温をお願い致します。発熱がある場合は、ご来場をお控えくださいますようお願い致します)
・ご家族やお勤め先、学校など、ご自身の身近に新型コロナウイルス感染症に感染した方、またはその可能性のある方がいらっしゃるお客様。
・上記に限らず、発熱や咳、身体の痛み等、体調の優れないお客様(呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、下痢、嘔気、嘔吐の症状がある場合等)
・過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴があるお客様
 

CONTACT
 
合同会社竹緑
東京都杉並区和田 1-25-11